ホーム >

お知らせ

       
 
お知らせ sakura news
新作のご案内◆『蒔絵-中野孝一のわざ-』文部科学省特別選定
2018年06月13日
 

平成29年度工芸技術記録映画

『蒔絵-中野孝一のわざ-(37分) 

(企画 文化庁/製作 桜映画社)

文部科学省特別選定 をいただきました。

   評価            分類                  対象                  教科等

文部科学省特別選定    学校教育教材      中学校生徒向き            美術

文部科学省特別選定    学校教育教材     高等学校生徒向き           美術・工芸

文部科学省特別選定   社会教育(教材)      少年向き             教養・情操(伝統工芸)

文部科学省特別選定   社会教育(教材)      青年向き             教養・情操(伝統工芸)

文部科学省特別選定   社会教育(教材)       成人向き              教養・情操(伝統工芸)

                                       (平成30613日通知)

makie_nakanokouiti.jpg



中野孝一は、平成22年(2010)、重要無形文化財「蒔絵」の保持者に認定された。
漆で描いた下絵に金粉や銀粉を蒔き、文様を表す蒔絵は、1200年以上の歴史を持つ日本の伝統的な工芸技法である。
「漆の仕事とは、目に見えないところに神経を注いでいくこと」
と語る中野は、土台となる下地づくりから、塗り、加飾までを自ら手掛ける。
この映画は、数ある蒔絵技法の中でもっとも多くの工程を有する肉合研出蒔絵(ししあいとぎだしまきえ)を用いた作品、
「栗鼠に葡萄文蒔絵箱」が完成するまでの工程を克明に記録したものである。

 

In 2010 Nakano Kōichi was named a Holder of an Important Intangible Cultural Property: Maki-e, a title more popularly known as Living National Treasure. Maki-e is the 1,200-year-old Japanese art of sprinkling powdered gold, silver, and other precious metals onto lacquer designs. True to his conviction that the finest care must be given precisely to parts that will not be seen, Nakano executes every step of the lacquer work himself, from preparing the surface of the wooden base to creating the lacquer ground and applying the ornamentation. This film follows Nakano at work on a new project featuring shishiai togidashi maki-e, or "raised and burnished maki-e," one of the most involved and complicated techniques in the craft.

 
作品カタログ