ホーム > 映像販売 > 芸術・文化

伝統習俗

       
 
映像販売 sales

芸術・文化:伝統習俗

ご利用形態(ライブラリ:L / 学校:学 / 個人:個)により価格が異なります(すべて税別表記になります)。
詳しくはこちらをご覧ください。
<span class='sttl02'>記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財</span><br />尾鷲久木浦の正月行事

記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
尾鷲久木浦の正月行事

≪普及編≫ 25分 DVD/L:12,000円  個:3,800円
文部科学省選定・文部科学省特別選定
≪記録編≫ 66分 DVD/L:30,000円  個:5,000円
文部科学省選定

作品の解説
三重県尾鷲市九鬼町。 熊野灘に面した豊かな漁場として知られるこの町は、戦国時代、その名を馳せた九鬼水軍発祥の地と言われています。古くから海を縄張りに生きてきた人々によって400年以上続けられている九鬼の正月行事には、仏教、神道、自然信仰が入り交じった不思議な行事が次々と登場します。少子高齢化によって存続の危機に立たされながらもなお、人々を惹き付けて止まない「九木浦の正月行事」の記録です。 (2017年製作)
<span class='sttl02'>平成27年度 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財</span><br />南須釜の念仏踊

平成27年度 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
南須釜の念仏踊

≪普及編≫29分 DVD/L: 30,000円  DVD/個: 5,000円

文部科学省選定

≪記録編≫56分+資料編17分 DVD/L: 30,000円  DVD/個: 5,000円

文部科学省選定

作品の解説

「南須釜の念仏踊」は福島県玉川村の東福寺で行われ、3歳から12歳までの少女たちが年に2回、春は奉納、夏は仏の供養として鮮やかな着物に身を包み、化粧をし、花笠をかぶって華やかな姿で踊る行事である。過疎化に伴う少子化により、踊り子の確保、うたや踊りの伝承が段々と難しくなっている今、福島県に伝わる貴重な伝統芸能の一つであるこの「南須釜の念仏踊」を丁寧に記録した。(2016年製作)

<span class='sttl02'>平成26年度 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財</span><br />佐田岬半島の初盆行事

平成26年度 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
佐田岬半島の初盆行事

≪普及編≫29分 DVD/L: 30,000円  DVD/個: 5,000円

 文部科学省選定 教育映像祭優秀作品賞

≪記録編≫62分+資料編29分 DVD/L: 30,000円  DVD/個: 5,000円

 文部科学省選定

作品の解説
佐田岬半島の初盆行事は、愛媛県西端の佐田岬半島に伝承される盆行事で、初盆を迎える家の人々が中心となってシンボトケ(新仏)の供養を行う。全域が伊方町となり、半島突端部の旧三崎町、半島中央部の旧瀬戸町、半島の付け根部の旧伊方町から構成される佐田岬半島は、旧三崎町に伝承されるモウリョウやモウナと呼ばれる行事、旧瀬戸町に伝承されるオショロブネを流す行事などがあり、地域的特色がとても豊かで、民族的な要素も色濃く見られる。 (2014年製作)
<span class='sttl02'>平成21年度 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財</span><br />讃岐の馬節供

平成21年度 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
讃岐の馬節供

≪普及編≫30分 DVD/L: 30,000円  DVD/個: 5,000円

文部科学省選定

≪記録編≫60分 DVD/L: 30,000円  DVD/個: 5,000円

作品の解説
香川県の西讃岐地方。旧暦の8月1日の八朔の日、はじめて男の子が生まれた家や初孫が誕生した家に母方の里からだんごの馬を贈り、子供のすこやかな成長を願う節供の行事が今も残っている。これは、早稲の穂が実る八朔の頃、農民の間で初穂を恩人等に送る風習が古くからあり、田の実の節供ともいった。この「たのみ」を「頼み」にかけ、日頃お世話になっている人に、その恩を感謝する意味で贈り物をするようになった。もともと室町時代の頃、武家が心に頼み思う人に馬やたちを進物するようになったのが始まりで、そうした武家社会の礼儀が一般化され、この地方では八朔を"馬節供"と言い、餅米で作っただんご馬を飾る風習が生まれた。床の間に飾られただんご馬は、祝宴の後、壊して親戚や近所に配る。この作品は、讃岐地方に古くから伝わるこの馬節供の行事を、伝承地の紹介からだんご馬の製作、各地方の節供の様子、そして起源や由来を記録したものである。(2009年製作)
<span class='sttl02'>平成22年度 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財</span><br />房総のお浜降り習俗

平成22年度 記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
房総のお浜降り習俗

≪普及編≫38分 DVD/L: 30,000円  DVD/個: 5,000円

文部科学省選定

≪記録編≫61分 DVD/L: 30,000円  DVD/個: 5,000円

作品の解説

「お浜降り」とは、全国的に祭りの際に見られるもので、神を乗せた神輿が海に入ったり、潮水を汲んで御神体を清めたりする神事をいう。これは、海水が「浄化」や「再生」の力を持つという信仰に基づくものと考えられ、五穀豊穣・海上の安全・豊漁などを祈願するために行われる。現在でも、主に宮城県から関東地方にかけての太平洋岸沿岸に分布している。20年に一度、三社の神輿が御神幸を行う「式年銚子大神幸祭」、別名「裸祭り」の名前でも親しまれている勇壮な「上総十二社祭」、富津市の「馬だし祭」、氏子たちの努力によって40年ぶりに「お浜下り」を復活させ、以降10年続いている千葉市の寒川神社の例大祭など、祭にかける人々の思いと迫力ある祭りの様子を描く。(2010年)

 

ご購入希望の方