ホーム > 映像販売 > 芸術・文化

文化史・歴史

       
 
映像販売 sales

芸術・文化:文化史・歴史

ご利用形態(ライブラリ:L / 学校:学 / 個人:個)により価格が異なります(すべて税別表記になります)。
詳しくはこちらをご覧ください。
くらしを衣裳で残す<br /><span class='sttl02'>― 水島家の明治・大正・昭和 ― 【改訂版】</span>

くらしを衣裳で残す
― 水島家の明治・大正・昭和 ― 【改訂版】

カラー 22分
文部省選定 日本映画ペンクラブ推薦
16mm:150,000円 

DVD(言語:日本語 英語)/L:20,000円  個:5,000円 

作品の解説
明治末に生まれ大正、昭和、を生きた水島千代さんの残した衣裳を中心に、さらにその母と祖母の明治の趣きの色濃い衣裳も紹介していきます。そして、昭和生まれの娘、孫娘へと受け継がれた衣裳や人形をたどり、衣替えや雛祭り、七五三などの年中行事にもふれて5代の女性のくらしの歴史を見て行きます。時代を反映して衣裳の柄や着付けは変遷していきますが、くらしの文化やものを大事にする水島家の心は変わることなく受け継がれています。(1989年製作 2010年改訂)
HAZAN

HAZAN

カラー 108分
文部科学省選定 ブルガリア国際映画祭最高賞受賞 他
16mm:742,857円 DVD/L:19,048円 DVD/個:4,762円

作品の解説

監督:五十嵐匠
出演:榎孝明 南果歩 康すおん 柳ユーレイ 寺島進 ほか

 

土と、火と、自然と向き合い、美を追求した陶芸家・板谷波山の生涯と、それを支える家族を描く劇映画。将来を約束された美術教師の職を投げうって陶芸に生涯を捧げる決心をする波山は、のちに陶聖と呼ばれ、数々の栄光を手にするに至るが、その辿った軌跡は決して平坦ではなかった。波山の夢を信じ、支えた妻まるの愛が、波山の作品に命を吹き込むのだった。(2003年製作)

 

海女のリャンさん

海女のリャンさん

【第2回文化庁映画賞・文化記録映画大賞】 
【厚生労働省社会保障審議会推薦】
【キネマ旬文化映画ベスト・テン第1位】
カラー 90分 
16mm: 550,000円 DVD/L: 20,000円 DVD/個: 4,800円

作品の解説

済州島から日本に渡り、現在大阪でひとり暮らすリャン・イーホンさん(1916年生)の半生を記録。朝鮮通信使研究家、辛基秀氏が1966年から2年かけて記録した海女時代のリャンさんの映像を交え、国家の対立がもたらす悲劇の中で、日本・韓国・北朝鮮に離散した家族の絆を守り、明るく強く生きる母の愛を描く。(2004年製作)

利休の茶

利休の茶

カラー 47分

文部省選定 毎日映画コンクール教育文化映画賞 

教育映画祭優秀作品賞 日本映画ペンクラブ推薦

16mm:300,000円 DVD/L:50,000円 DVD/学:25,000円

作品の解説

堺の豪商の家に生まれ、豊臣秀吉に仕えた千利休は、侘びの茶の湯を完成させていった。映画は、映像としてはじめて本格的な資料にもとづいて、利休の茶の世界へ、主に造形の面から迫ろうとするものである。現在残されているゆかりの茶室・露地・茶道具等を、可能な限り探りながら、利休の美意識と高い精神性をみていく。(1988年製作)

わざとちえ<br /><span class='sttl02'>─産業近代化のあゆみ─</span>

わざとちえ
─産業近代化のあゆみ─

カラー 21分
文部省選定 科学技術庁推奨
教育映画祭優秀作品賞 日本映画ペンクラブ推薦

16mm:150,000円  VHS/L:40,000円 

作品の解説
現在の日本は、世界有数の工業国として発達しているが、その礎となったのは、幕末から明治にかけての産業近代化の歩みであり、当時の人たちの「わざとちえ」の歴史でもあった。この映画では、具体的に鉄、生糸、綿紡績を中心に、開国以来1世紀半の間の日本の産業発展の足どりを、わかりやすく説明している。(1989年製作)
ご購入希望の方